個人戦

最近団体行動が嫌いだ。





何故なら、自分も含めて人間誰しもが団体になると絶対と言って良いほど身の周りが見えなくなり、調子に乗ってしまうからだ。





つまり「赤信号、みんなで渡れば怖くない」となってしまう。





周りの人間の迷惑を考えなければ、その団体の中のみんながみんな同じ価値観を持っていれば良いのだか、現実は必ずしもそうとは限らず、1人でも価値観が違ったりするとそいつだけが浮いて見えてしまう。





そうなると、もう終わりだと思う。その1人だけ、もうそこの空間にはいない存在になってしまう。





あと奇数の人間がそろうとこの現象が起きる可能性が高くなると思う。





まー奇数とかに限らず、その団体1人だけが分からない話題をどうどうとその1人以外の人間で勝手に盛り上がるってケースもありますが・・・





そういうことを考えると1番の理想は2人だと思う。2人だと常に1対1の状況で絶対に浮く事は無い。





あと世の中には意味が分からない団体行動が多すぎると思う。





なんで、そんな事で団体活動をしなきゃいけないの?って疑問を感じる団体が本当に多すぎる。





それは俺からしたら単なるその団体内で傷の舐めあいをしてるだけで、そうすると人間そこで満足してしまうから俺は嫌である。





今から就活の時期が始まる。





まさに就活は個人戦であり、勝つか負けるかの世界だと思う。





団体活動しようがない象徴的な存在が就活などいわゆる「受験」と言われるようなものだと思う。





これは高校時代に身にしみて味わってきた。





合格と不合格の差っていうのは精神的に人間を追い詰めていく。





そしてみんなは合格した奴だけをヒーローにし、落ちた奴なんて知らないふりをする。





就活でも同じ事が言えると思う。





なので俺は就活は団体戦ではなく、個人戦だと思ってるから、自分というものを見失わずに、他人には流されずに挑んでいきたいと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック